スポンサーリンク

【顔画像】原田亜弥子アナの旦那(夫)はだれ?子ども(娘)は?大石剛とW不倫で離婚危機?

【顔画像】原田亜弥子アナの旦那(夫)はだれ?子ども(娘)は?大石剛とW不倫で離婚危機? エンタメ

週刊誌のフライデーが、静岡放送の原田亜弥子アナウンサーと、静岡放送と静岡新聞の両者を束ねる大石剛社長の熱愛をスクープしました。

何と、原田亜弥子アナウンサーも大石剛社長も結婚しているのでW不倫だというのです!

地元・静岡では原田アナは有名人。

Twitterやインスタ、ブログなどSNSを通じて地元の情報発信も積極的にしているようです。

また、娘さんがいる様なのですがSNSでは仲良く過ごす様子も公開しているようです。

今回のW不倫報道で離婚の危機が心配されますよね。

そんな原田アナの旦那(夫)はどんな方なのでしょうか?

原田亜弥子アナウンサーの旦那・子どもさんについて調べていきます。

スポンサーリンク

原田亜弥子と大石剛がW不倫

静岡放送の原田亜弥子アナウンサーと、静岡放送・静岡新聞の両者を束ねる地元メディアのトップ・大石剛社長がW不倫をしている様子がフライデーで報じられました。

静岡放送の社員の証言によると、2人は昨年からW不倫関係にあり、局内では有名になっているそう。

また、2人が仲睦まじく歩いている様子は何度も目撃されており、密会用マンションを用意して会っているというのです。

 

フライデーには2人のデートの様子が詳しく書かれていました。

米ぬか酵素風呂デート

2月下旬のこと。

局の目の前にあるゴルフショップで合流した2人は、原田亜弥子アナの運転で完全予約制の個室『米ぬか酵素風呂』へ行ったそう。

車内では、大石社長が原田アナの頭をなでたり、頬を触ったり、いちゃいちゃした様子が見られたようです。

その後、密会用マンションへと入り、日付が変わっても出てくることはなかったそう。

一泊二日のゴルフ旅行

ゴルフ

ある週末、原田亜弥子アナと大石社長は一泊二日でゴルフ旅行に向かったよう。

20時半ころ密会用マンションにワイングラスを片手に帰ってきた2人をフライデーは直撃取材しています。

 

タクシーから降りた2人に記者が声をかけると、

「亜弥子!乗っちゃって!」

と、原田アナをタクシーに戻し、大石社長が取材に応じたそう。

 

2人の関係を聞くと、大石社長は

「俺、田舎の人間だぞ! 田舎の人間追っかけて何が楽しいんだよ」

「仕事の相談をしていただけですよ」

「女性と2人で歩いていたら、腰に手を回すとか手をつなぐとかあるでしょ?」

「他の女性もいるんだ。毎週違う女と遊んでるんだから!」

と話したよう。

大石社長は、なかなか大胆な発言をする方ですね。

少し驚いてしまいました!

スポンサーリンク

原田亜弥子の旦那(夫)はだれ?顔画像は?

原田亜弥子アナウンサーの旦那さんはどんな方なのでしょう?

原田アナは2011年に一般男性の方と結婚されたようです。

一般男性のため、名前や顔画像は公表されていませんでした。

 

しかし、原田アナの結婚式に参加した人のブログに載せられたウエディングケーキウェルカムボードには、

”Shinya & Ayako”

と表記されていました。

そのため、旦那さんの名前は『しんや』さんであると推察されます。

 

画像はありませんでしたが、原田アナの友人によると、笑顔の優しいイケメンだそうです。

2人は仕事を通じて知り合い交際に発展したようです。

スポンサーリンク

原田亜弥子の子ども(娘)は?

原田亜弥子アナは2014年に妊娠し、2015年に第1子となる長女を出産しています。

現在は6歳になります。

名前や画像は公表されていませんが、SNSには顔が映らないようにして度々登場しています。

こちらの画像に映るのも娘さんのようです。

 

原田アナは妊娠初期に切迫流産になり、番組を急遽降りて長期休暇を取っていました。

初めての妊娠ということもあり、出産まで大変だったようですが、無事女の子を出産されています。

スポンサーリンク

原田亜弥子は離婚の危機?

原田亜弥子アナウンサーと大石剛社長のW不倫報道で、離婚の危機が心配されています。

6歳の娘さんがいるので難しい問題ですが、なるべくお子さんが最大限に配慮してほしいものです。

スポンサーリンク

まとめ

静岡放送の原田亜弥子アナウンサーと、静岡放送・静岡新聞の大石剛社長のW不倫報道が話題になっていました。

今回は原田亜弥子アナウンサーの旦那さんやお子さんについて調べていきました。

優しい旦那さんと、6歳の長女がいる中での不倫騒動…

局内で有名だったそうですし、外泊なども日常茶飯事だった様子が伺われました。

今後どうなるのか気になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました